仕事に文句をつける女性の話

少し前に、非常にイラっとする事がありました。普段、仕事をしていると「女性だから差別するな」と食ってかかってくる子がいるんです。
残業を指示すると「女性にそんなことさせるのか」と強く反論してくるわけです。理由を問いただすと「体力的に差があるから」
と言っていましたが…うん、そんな理由だけで女性に残業をさせないという方が逆に差別になりそうだと思うのですが、私の考えはおかしいですかね?

彼女の言う通り、私たちの仕事は男女差が発生しません。知識やスキルに差がなければ、性別差ってのはない仕事なんです。
それを男女で分けるのであれば、それは単なる性差別でしかないというのも理解できます。男女平等の世の中ですから、それに
対して彼女が文句を言うのもわかります。
しかし女性であることを理由に、残業を拒否するってのはどうなんでしょう?普段は男女平等を声高に叫んでいるくせに、
そういう時だけ女性であることを利用するってのは…完全になめてますよね。女性云々というよりも、人としての品性を疑います。
ただでさえ女性の仕事ってのは中々認められないものなのに、こういう子がいるから世間でがんばっている女性の皆さんが
低く評価されてしまうんだろうな、と思います。したたかと言えばそうなんでしょうけど、持っちゃいけないしたたかさですよね。

頭にきたんで完全に論破してから残業させたんですけど、それでもずっとブーブー言っていましたね。女の子なのに、とか
何とか。余裕でスルーですよそんなもん。男だったらぶん殴ってますよ。そうならないだけでも感謝してほしいもんですが…
どうでしょう?私が間違っていますかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です