女性の能力を認める社会に

とにかく女性の仕事ってのは、どういうわけか社会ではなかなか認めてもらえないものです。最近はいくらか状況は良くなってきて
いますし、都市部なんかはもう結構差がないんじゃないですか?しかし私の場合、地方在住のせいか、未だにその風潮が色濃く残って
いるようです。自分の会社でもそうですし、よそ様の所でもそういった話はちょいちょい聞きます。

まあ例えば単純に出世のスピードですよね。よそ様がどの程度で次のステップに進ませるのかはわかりませんし、当然本人の
能力ってのもあるでしょうしね。一概にはこうとは言えないんでしょうけど、ほとんど同じ程度の能力を持っている男女がいた
として、何故か男性の方が先に上に上がります。女性の方が能力が高くても、なぜかそうでもない男性の方が先にリーダーや
チーフみたいな立場になったりしますよね。
私も主任に上がった際に、ほぼ同期で私よりも知識とスキルは上であろう女性がいたんですね。ですが、どういうわけか私が
上がったんですよ。そりゃ上司に確認もしますよね。理由として、まず資質の問題。上に行けば単純な作業だけではなくマネジメント
能力も問われるわけですから、その辺は私の方がバランスが良かったんだそうです。もう一つ。こちらの方が本題なんですが、
担当や上司が女性だとクライアントに舐められるから、だそうです。

女性の仕事は決して悪いものではありません。むしろ男性の仕事よりも繊細な場合が多いです。私の所のような前時代的な
所がまだ残っているのは考えもんなんですけどね…ホントの平等な社会になるのはいつになるやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です