女性が仕事を続けることの大変さ

女性の仕事を続けていくのが大変な理由は、現代日本が働き過ぎる風潮であったり、結婚、出産などの節目の時に働く女性をサポートする体制が整っていないことが挙げられます。
今の現代社会は高度経済成長期からの続く男性社会によって作られました。ですので必然的に男性が働くことが前提で色々規則やらなにやらが決まっているのですが、当然それは時に女性にとっては不利になったり不快なことがあったりします。それこそ一昔前は女性は寿退社が当たり前だったり30過ぎて職場にいればお局様と言われることもありましたが、女性の社会進出が進む現在ではそれは古い価値観としか言えないものです。
しかし、今でも女性は結婚や出産で仕事を辞める可能性が高いから役職にはつけないなどという性差による差は存在します。もちろんこれは企業側から見れば正常な判断です。いくら優秀でも辞められれば抜けた穴は大きく、それが役職などであればなおさらです。しかし、問題はそれらをサポートする体制がないことだと思います。育児休暇制度は取得出来るところとそうでないところがあり、ばらつきがあります。女性の時短勤務制度なども形骸化していることや、極めつけは待機児童もあり、まだまだ育児をしなから仕事をすることへの理解が深まっていないことがわかります。「働きたいのに働けない」という思いをしている女性はたくさんいるので、そういった女性のためにも今の社会には改善するべきところがたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です